主夫になって毎日考えること

公開日: : 最終更新日:2014/02/10 ,

イクメンという言葉もすっかり世の中に定着したが、僕のようにそれなりの期間を専業主夫として過ごす男性はまだまだ少数派である。

だから僕は偉い、と言っているわけではない。主夫になって思うのは、主夫/主婦の仕事は当たり前だが育児だけではない、ということだ。

イクメンという言葉にはそれが抜け落ちている。育児だけにフューチャーされる結果、家事に意識がいかない。

僕はもともと家事もやっていたが、帰宅時間の兼ね合いもあり、料理は妻の負担が大きかった。今は完全に僕が担当しているのだが、慣れないためかなかなか大変。

料理を作ること自体は全く苦にならないが、献立に頭を悩ませる。一日中、冷蔵庫の中身と献立を考えている気がする。

改めてこれまで料理を作ってくれていた妻に感謝すると共に、世の料理担当の主夫/主婦の方に尊敬の念を抱く今日この頃。

さて、こんなサービスを見つけた。献立を考えてくれる、というもの。

一週間分の献立を自動作成してくれるサイト「me:new」のスマホ版が登場 | ライフ | マイナビニュース

主婦が献立を考えるために費やす時間は1日あたり約20分、1週間では2時間以上に及ぶ。日々の献立作成をシステム化できれば、主婦や共働き世帯の女性の負担を大幅に軽減することが可能となり、家族の健康にも貢献できるとの思いから、同サイトを立ち上げたという。

まだ僕自身サービスを利用していないので紹介に留まるが、今後使ってみてまたレビューを載せたいと思います。

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@ksmb_ksrp)です。

    監査法人で7年勤務後、独立開業して6年めの公認会計士です。
    2013生まれの男の子、2016年生まれの女の子の父です。

    育児のこと、仕事のこと、その他、雑多なことに触れるブログです。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ