おむつカレーほか、気になる家事育児関連ニュースをまとめ読み

公開日: :


photo credit: KellyB. via photopin cc

2014/3/29-2014/4/4のニュースをまとめ読み!

ワーママとの働き方

ガマンせずにワーキングマザーと働く方法 – 街場のワーキングマザー日記

業務特化、業務分散、コミュニケーションの観点から、ワーママが、および、ワーママ「と」働きやすい職場環境について考察しています。

専門職の場合は、業務特化や業務分散がしづらく、どうしても上手なワークシェアリングが進まない傾向にあります。

100%のパフォーマンス出すか、さもなければバックオフィス、みたいな風潮は根強く、最近は変わりつつあるとはいえ、解決されてはいません。

妻もそのあたりで働き方に悩んでいる様子。

小室さんのワークライフバランス論

「19時に帰ったら、全てが変わった」小室淑恵さんに聞くワーク・ライフバランス【Woman’s Story】

「企業の方から、せっかく復帰した女性達が、結局長時間労働の職場では両立できなくなって辞めてしまうという声を聞きました。そんな状態を放っておくのは無責任なんじゃないかなと感じるようになりました。育児休業だけでなく、親の介護やメンタル不全で休職した人もいる。定時までなら立派に働ける人でも、長時間が前提の人材しか一人前と見なされないような職場ではみんな「ワケあり人材」になってしまって肩身が狭く、実力は発揮できないままでした。みんなが復帰後に意欲高く働き続けられるような社会しなくてはと考えるようになったんです」

働き方関連の連投ですみません。

長時間労働が当たり前の風潮はなかなかなくなりませんね。その根本のひとつが、日本の人事評価制度にあるんじゃないかと思います。

パフォーマンス評価がうまくできないから、どうしても労働時間で評価しがちになる。

子どもの頃から努力が大事とひたすら言い聞かされて育つからなんでしょうか。

大事なのはアウトプットであって、努力なんて評価の対象にするのがおかしいと思うのですが。

いつかは育児ロボット!?

ニーズ高まる生活支援ロボット、日本が世界のリード役に~ベンチャーがけん引、大手も後続|ビジネスジャーナル/Business Journal スマホ

日本では世界を見渡しても高齢化の進行度合いが速く、介護生活支援分野でのロボット技術の活用が期待されている。リハビリや介護を受けている人への支援や、介護従事者の負担低減など、その需要は多岐にわたる。しかし安全性の確保などが課題となり、導入や販売が進んでいないのが実情だったが、今回のISOの発行により普及が進む公算が大きくなっている。

これは介護分野の話題ですが、育児分野でも同様にロボットが導入されれば、今の保育士不足問題も解消するんじゃないでしょうか。

ロボットに情緒面での教育ができるか?

将棋のプロ棋士にコンピュータが勝つ時代ですから、心の解析もそう遠くない気がしますね。

小学校入学前に学ばせるべきこと

小学校入学前の親は気を付けて!よくある「危険な勘違い」3つIt Mama – It Mama

ひらがな、数の概念の理解、鉛筆の正しい持ち方、この三つをマスターすべし、と。

自分の名前だけでなく、ひらがな全部の読み書きはできるようにして小学校に入学させましょう。

100ページある本を渡し「56ページを開きましょう」と言うと、最初の1ページ目からゆっくりゆっくりめくっていく子どもと、半分くらいのページをササーッと開けて、そこから6枚くらいめくる子どもがいます。

100まで数えられていても、数が概念として入っていないとこのとき、最初のページからめくる子どもになってしまいます。

鉛筆が正しく持てていないと、「少し書いただけで手が痛くなり学習意欲が低下する」「視力が低下」「姿勢が悪くなる」とよくないことが沢山あります。

我が家はまだ先の話ですが、いろいろ大変そうですね。僕は誰かに勉強しなさいと言われた記憶がなくゆるーく育ってきたので、子どもにきちんと勉強させることができるか不安です。。

夫の家事は迷惑なだけ

【家事メン涙目】夫の「掃除しといたよ!」は妻にとって迷惑なだけ:独調査 – IRORIO(イロリオ)

「パートナーに家事を頼めば完璧にやってくれる」と思っている女性はわずか35%。
「夫は“とりあえずやっておけば文句言われないだろう”と思っていて、力の半分も出していない」と4割の妻が確信。
1/5の女性が「気持ちは嬉しいけど、実はありがた迷惑」と回答。
6割の妻が「掃除は私がやるから、他のことで役に立ってほしい」と思っていた。

まあ、その気持ちはよくわかります。僕も育休に入ったばかりの頃、妻からあれやこれやとだいぶ怒られました。三ヶ月のトレーニングを経てだいぶまともになったつもりですが、まだまだ甘いんだろうな。

イクメンさんへの応援メッセージにも書きましたが、まずは家事スキルを上げましょう。

まともに家事ができない主夫なんて、Excelの使えない新入社員みたいなもんです。

おむつカレーとはなんぞ

お寿司の次はカレー! 出産祝いのサプライズギフト第二弾「おむつカレー」登場 : MAMApicks -子育て・育児・教育ニュース&コラムサイト-

カレールウは、赤ちゃんを「華麗(カレー)に包む」とうたった大きなバスタオル(約62x120cm)で表現、福神漬けには、日本一のタオル産地として知られる地域ブランド「今治タオル」のタオルハンカチがあしらわれ、白いライスは紙おむつ、という構成になっている。

発想がアホ男子レベルで噴いたw

おわりに

というわけで、今週の気になる話題をピックアップしました。興味を持たれた記事は週末にでもゆっくり読んでみてください。

共感いただけたらお手数ですがポチッとしていただけると中のひとが喜びます♪ヽ(*´∀`)ノ

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村


2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ