ヒステリア・シベリアナ?

公開日: : 最終更新日:2014/02/10 ,

シベリアの農夫が、ある日突然に沈みゆく太陽を追いかけ始めて、そのまま死んでしまうーー。

これはヒステリア・シベリアナとして、村上春樹氏の「国境の南、太陽の西」という小説に出てくる。

これは実在する現象ではなくフィクションらしいけれど、情景がヴィヴィッドに浮かんできてずっと印象に残っていた。

最近、うちの子も似たような行動をしている。

寝室のベッドの足元のほうに、空気清浄機を置いているのだが、そのランプが青白い光を放つ。

子どもの寝かしつけのためにベッドに置くと、しばらくおとなしく、眠たそうにしているのだが、突然に顔を上げてキョロキョロし、おもむろに空気清浄機の光に向けて移動を始める。

うちのベッドはクイーンサイズでかなりの距離があり、また柔らかなマットの上でズリバイしにくいのだけれど、必死に進んでいき、ベッドから落ちるという手前で捕まえて、もとの位置に戻す。

またしばらくウトウトしていたかと思うと、ガバッと起き上がり、光を求めてズリバイする。

それを三回か四回くりかえすと、死んだように倒れてネンネする。

これは一体なんなのか?

子どもの行動は大人には予測、理解不能なことが多くて、改めて生命の不思議さに心打たれる日々である。

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ