イヤイヤ期の寝かしつけ。我が家の失敗事例。

公開日: :

羽田空港の息子くん

何でも言うこと聞かないのが大事

#写真は関係なく、羽田空港で佇む息子くん

自己主張が強くなり、イヤイヤ期に入ったかなーと感じる息子くん。

特に、夜の寝かしつけの時の対応での我が家での失敗事例を紹介します。

反面教師にして、イヤイヤ期のネンネを乗り切っていただければと思います(ノw`*)

ワガママがエスカレート

寝かしつけ時の息子くんのワガママは、外に出たい、というもの。

最初は外気に触れて気分転換したり、電車を少し眺めたりするだけで満足して眠りについていたので、あまり気にすることなく息子くんの要求に応えていました。

しかし、日毎に少しずつ息子くんのワガママがエスカレート。

特にひとりで歩けるようになってからは、外を歩きたいと主張し、ダメだよというとギャン泣きしてしまうように。

また、近所を歩くだけでは飽き足らず、ベビーカーで遠出しろ、と言うようになってしまいました。

その結果、寝かしつけに一時間くらい要するようになってしまいました。

八時にミルクを飲んで寝室に連れて行くのですが、そこから延々と外とベッドの往復で、眠るのは九時過ぎ、遅いと十時近くになってしまうことも。

さすがにこれはダメだと、今は改善策を試しています。

どんなに泣いてもノー!

息子くんのワガママを受け入れていては、いつまでも状況は変わりません。

また、中途半端に要求に応えると、余計に息子くんの欲求を刺激してしまいます。

なので、今はどれだけ騒いでも、絶対にノーという断固たる決意をもって寝かしつけに臨んでます。

イヤイヤ期の寝かしつけで一番避けたいのは、子供が泣くからといって何でも許容してしまうこと。via Baby NET

具体的には、眠るギリギリまで遊ばせて、ベッドに運びます。

今はどれだけ眠たくても最初は必ず外に出たがるのですが、ここで言うことを絶対に聞かない。

抱っこしてユラユラしながら、息子くんの好きな音楽を聴かせます。

ギャン泣きになってしまい、これまではこのタイミングで外に連れて行ったのですが、泣いているのに構わず、ユラユラを継続。

五分から十分で、泣き疲れて、寝落ちします。

あまり入眠の質が良いとは言えませんが、それでも夜中に起きることはなく朝まで眠ります。

おわりに

ギャン泣きが激しいので、近所迷惑にならないかな、と心配になってしまうのですが、遅い時間に赤ちゃん連れで外をウロウロするよりはいいかな、と思っています。

言葉でコミュニケーションがとれるようになったら、あと一回だけね、といったようなやり取りが可能になるんでしょうが、今は難しい。

両極端の対応になって息子くんにも申し訳ないのですが、今は強制終了方式でなんとか乗り切っております( ´Д`)ノ

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@ksmb_ksrp)です。

    監査法人で7年勤務後、独立開業して6年めの公認会計士です。
    2013生まれの男の子、2016年生まれの女の子の父です。

    育児のこと、仕事のこと、その他、雑多なことに触れるブログです。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ