生後4ヶ月の親子遊び

公開日: :

反応が増えて楽しい

娘ちゃんが生後4ヶ月を過ぎて、親子の遊びにもバリエーションが増えてきました。様々な反応を見せるようになり、一方的な「お世話してる感覚」はなくなり、親の気持ちにもゆとりが生まれてきます。

いまうちの親子で楽しんでいる遊びを順不同で紹介します。

くすぐり遊び

仰向けに寝ている娘ちゃんをくすぐる、ただそれだけです。

ポイントは、くすぐり方のバリエーションを増やすこと。指先だけでくすぐったり、ムツゴロウさんのような感じで(と言って伝わるのか…)体全体をワシャワシャしたり。

声をあげて笑います。このときの、「ぜんぜん笑いたくないのになんでわたし笑ってるの?なにされてるのー?」みたいな雰囲気がかわいい。

いないいないばあ

鉄板のいないいないばあ。

いないいないばあをやって喜ぶようになるのは、成長のひとつの指標です。

いないいない、と顔を手で隠した時に指の隙間から娘ちゃんの顔をのぞくと、不安げな表情を見せます。そして、ばあっと顔を見せるとキャッキャと笑います。

同じようなもので、顔を後ろに思いっきり倒して子供の視界から消えて、勢いよく戻す、というのも喜びます。

脚の運動、お尻あげ

仰向けに寝かせた状態で脚をもって、平泳ぎのように運動させます。「いっち、に、いっち、に」と声に出してリズムを取りながらやると、楽しそうです。

また、仰向けで両脚を掴んで、ぐいっとお尻を上げる運動も喜びます。

あんまり乱暴にやると怪我のもとなので、力加減には気をつけて。

オモチャ探し

仰向けのまま、あるいは、寝返りした状態で、周りの様子を探るようになってきました。手が届く範囲にモノがあると、手を伸ばします。

四方に少し距離を置いて、誤飲の危険のないオモチャを置いておいて、探して掴むのを応援。

「ほら、ここにあるよ」など声かけしながらやるとコミュニケーションも円滑になります。

ちなみにうちの娘ちゃんのお気に入りはオモチャではなく、お尻ふきのビニール袋。手触りや、触った時に立てる音が好きなのかな。

喃語の真似っこ

とにもかくにも喃語が増えてきました。

しょっちゅう、あーあー、うーうー言っています。喃語の真似っこをするときは、しっかり見つめ合って、表情も真似ながらやります。

うまく真似ると、娘ちゃんが「あれっ」て表情をするのがかわいい。4ヶ月児なりに、コミュニケーションの成立を感じ取っているのかな。

絵本の読み聞かせ

息子くんの時も4ヶ月で絵本の読み聞かせを始めたので、娘ちゃんも。新しい本は買わずに、昔のものを使いまわしています。

この時期は視力もきちんと発達していなくて、かたちはぼんやりとしか捉えられず、色も見分けられません。

なので、ストーリーがあるものよりも、シンプルな絵柄で、声に出して読んだときの語感が心地よいものがオススメです。

うちはきょうだい揃って、この絵本がお気に入り。

「ねこがにゃんにゃん」「とりちゅんちゅん」といたってシンプルな内容なのですが、鳴き声を工夫するなど、親側のクリエイティビティを発揮する余地が大きく、飽きがこない本です。

おわりに

4ヶ月児との親子遊びの紹介でした。遊びのバリエーションが増えてくると、育児もぐっと楽しみが増していきますね。

Posted by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ