生後4ヶ月の成長と今の悩み

公開日: : 最終更新日:2016/05/31

最初のトンネルを抜けた

第二子の娘ちゃんが生後4ヶ月になったので、今の成長と、それから悩みについてまとめておきます。

まず言えることは、4ヶ月になると楽になったなということですね。低月齢の育児は親の負担、ストレスが大変ですが、然るべき時期が来ればトンネルを抜けます。

寝返りに夢中

4ヶ月になる直前に寝返りを覚えました。そしてその翌日には「寝返り返り」をマスター。息子くんのときよりもずいぶん早いです。

首が完全に座るのも早かったので、次のアクションも早いんだと思うのですが、細身で、頭も小さいので、負担なく動けるのかな、と。

オムツ替えや着替えの時も、コロコロコロコロと転がりまくるので、微妙に手間がかかりますが、その姿は微笑ましいですね。

機嫌がいい時間が増えた

寝返りをするようになったのと少し関係あるのかもしれませんが、とにかく機嫌がいい時間が増えました。

上を向いて寝ているだけの頃は、すぐに飽きるのか、置いて10分もたたずにぐずり始めることがほとんどでした。寝返りをするようになってからは、寝返りをしてまわりをキョロキョロ。視線が高くなり、視界が変わるのが楽しいのかもしれません。

また、親を見てニコニコ笑ったり、あやすと声を出してキャッキャとはしゃいだり、長い間喃語でおしゃべりしたりするように。

コミュニケーションがだんだん複雑になってくると、一方的に世話している感は減り、家族の一員になってきたなという実感があります。

寝かしつけが楽になった

もともと寝かしつけは楽なタイプだったのですが、魔の生後2ヶ月の頃はとにかく寝かしつけに苦労していました。

というのも、突然ママじゃなきゃ絶対にイヤ、ときうモードが発動して、僕が抱っこするだけでギャン泣きが続く、という日々があったのです。

その厳しい時期を通り越して、今は寝かしつけがホントに楽です。夜のミルクを飲んだら、すぐにスヤータイム。

娘ちゃんが寝たら、息子くんとしばしピロートークをして、そのまま家族みんなで就寝というのが最近の夜の部の動き。

悩みはミルクの飲みムラ

目下の悩みは、ミルクの飲みムラが激しいことですね。これは生まれてから一貫してなので、いまに始まったことではないのですが、なかなか改善しません。

月例的には、1回の授乳量は200ml程度でもよいはずですが、多くても160mlほど。気が散ったり、飽きたりすると、80mlくらいしか飲まないこともあります。

これで困るのが寝る前の授乳量が少なかったとき。お腹が空いて、夜中の早い時間に目覚めてミルクを欲しがり、ミルクの間隔が崩れてしまいます。

息子くんの場合は、同じ月齢の頃はとにかく寝かしつけが厳しくて、ネントレ地獄だったのですが、一度寝てしまえば朝までコースでした。

娘ちゃんは逆に寝つきはよいのですが持続力がなく、まだ朝まで通しで眠れたことはありません。

ミルクが安定してくれれば少しは変わるのかな、と期待しておりますが、どうなることやら。

おわりに

生後4ヶ月の成長のまとめでした。

生後3ヶ月くらいで、親の疲労もストレスもピークに来ると思いますが、その先は楽になるように思います。息子くんのときも、娘ちゃんのときも、3ヶ月の頃は「もうダメかも…」と、かなりシリアスに思いましたが、そこを抜けるとかわいさがグングン増してきますね。

いま低月齢でキツイなあというパパさんママさんも、トンネル抜けるのを辛抱して待ちましょう。楽になるので。

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ