生後二週間、落ち着いてきた第二子と落ち着かない第一子

公開日: :

赤ちゃん返りがすごい

生後二週間がたち、第二子の生活リズムは落ち着いてきました。一方、噂では聞いていた第一子の赤ちゃん返りがすごくて、こっちのほうで手を焼いています。

そんな我が家のこの頃の状況をダイジェストで。

第二子の睡眠

第一子の息子くんの新生児期は、とにかく睡眠で苦労しました。

昼寝はしない、夜も頻繁にギャン泣きと、夫婦ともに完全に疲弊していました。

が、第二子は、女の子だからなのか第二子的ずぶとさを発揮しているのか、睡眠に関してはとても優秀です。

昼寝も、うまくいけば布団に置いて1時間くらい寝てくれるようです。息子くんのときは、そもそも床に置くという発想がなかった。抱っこじゃなきゃ寝ない、抱っこしていても寝ない、という感じで。

夜はさらに素敵なことに、授乳時以外はぐっすり寝ています。

夜の部は僕が基本的に担当しているのですが、20:30頃に寝る前最後の授乳をしたあとは、24:00頃に一度、5:00頃に一度授乳があり、それ以外はスヤスヤしています。

うーん、こんな楽でいいんだっけと怖くなるほど。

第二子の授乳

授乳ですが、現在、母乳とミルクの混合です。混合といっても、ミルクがメインで母乳がサブ。

息子くんの時もそうだったのですが、母乳だけにすると育児負担の分散ができないため。

生後二週間の現在は、一回80mlを5-6回/日です。お腹が空いているかな、というときは100mlに増量。

息子くんのときと同じく、アレルギー対策の「E赤ちゃん」を使っています。癖があって飲まない子もいるらしいですが、特に嫌がるそぶりはなく飲んでくれています。

第二子のうんち

びっくりするほど快便です。

1日に10回はしている感じですね。特に夜がすごくて、ミルクを飲みながら1回、飲んでしばらくして1回、次の授乳前に確認するとまたしてる! という具合。

オムツの消費量がすごく、必然的にゴミがたまります。平日は第二子ぶんだけなのですが、週末ともなると息子くんのぶんも加わってオムツの山が出来上がります。

第一子の情緒不安定

さて、問題の第一子、息子くんの情緒不安定です。

出産前から言い聞かせてきて、それなりに理解を示している様子でした。

出産後も、寂しそうな素振りを見せていたものの、特に奇行に走ることもなく、ある程度平穏に過ごしてきました。

が、ここにきて突如の激しい赤ちゃん返りとも呼ぶべき状況です。

兎にも角にも抱っこ、抱っこ。外だけでなく家の中でも常に抱っこを要求してくるようになりました。

それも、パパである僕にだけなのです。

「ママは妹ちゃんのもの、パパは僕のもの」

というのが息子くんの主張で、僕が第二子を抱っこしていると、ママに渡せと主張します。

それからワガママな物言い、態度が急増しました。これまでは比較的物分りが良く優しい性格だったので、そのギャップに戸惑いを感じます。

お菓子がほしいと駄々こねる、ご飯も食べ散らかしたりみんなを待たずにひとりだけ先に食べたり、着替えもしない、などなど。

ひとつのことをやらせるのに、ものすごく時間がかかります。

仕事にゆとりがあるときは、まあ仕方ないかと思って付き合っていたのですが、ちょっと今は繁忙期に突入して僕も余裕がなくなり、トゲトゲした気持ちになってしまいます。

いちど悪循環に陥ると、子供もカリカリして余計に変な行動を取り、親がさらにイライラして、そしてまた子供が・・・という連鎖に入ります。

これは夫婦で前職を辞める直前に経験済みなので、同じパターンに陥らないように気をつけています。

おわりに

生後二週間の赤ちゃんと過ごす、我が家の生活の一端でした。

正直、バタバタしすぎてブログを更新する余裕もありませんでしたw

多少はリズムができてきたので、またボチボチ更新していければと思います。

Posted by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ