スマホ育児の是非は?

公開日: : 最終更新日:2014/02/10

という、オールアバウトさんの記事。自分にも若干耳が痛い話題だけれど、紹介。

スマホ育児の是非は? 子供向けアプリとの付き合い方 – [乳児育児] – All About

・ムズがる赤ちゃんに子育てアプリの画面で応えることは、赤ちゃんの育ちをゆがめる可能性があります。
・親も子どももメディア機器の接触時間のコントロールが大事です。親子の会話や体験をともにする時間が奪われてしまいます。
・親がスマホに夢中で、赤ちゃんの興味・関心を無視しています。赤ちゃんの安全に気配りが出来ていません。

また記事内では、スマホをよく使う場面として、交通機関での移動中と食事の準備中が挙げられている。

スマホ育児の弊害として、スマホ依存、親子のコミュニケーション阻害、視力低下の危険性が記されている。

害だけじゃないよ、との意見も紹介されているので、詳しくはリンク先を読んでみて下さい。

さて我が家の場合も、外出時と食事の準備中にスマホに頼ることはある。遊び用のアプリは使っていないが、音楽を聴かせるか、音楽だけでもぐずる場合は動画を見せている。

依存性というので少しギクリとした。昔は動画を見せた後おとなしくなって、そのままスマホを取り上げても何も問題なかったのだけれど、最近は物足りないとスマホに手を伸ばしたり、駄々をこねるような仕草を見せたりするようになった。

ダメだよ、という感じで必要以上に与えないようにはしているが、これがエスカレートするとまずいのかもしれない。

そう思う一方で、あまりにも新しいテクノロジーに対して神経質に反発するのも、おかしな話だと感じる。

最近は、たとえば伝統的子育てを、なんて言ってる人もいましたが、恣意的に一時期の年代を取り出して伝統的というのはおかしいし、過去のやり方をすべて美化するのもおかしい。そういうのが安易なナショナリズムにつながるのだ、って、話がそれますけど。。

極論すれば、縄文時代にはオムツはなかった、平安時代にはミルクはなかった、数年前にはスマホはなかった。ただそれだけの話だと思います。

どんなテクノロジーでも使い方を誤れば弊害となるのは同じこと。節度をもって、付き合っていけばよいのではないでしょうか。

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@ksmb_ksrp)です。

    監査法人で7年勤務後、独立開業して6年めの公認会計士です。
    2013生まれの男の子、2016年生まれの女の子の父です。

    育児のこと、仕事のこと、その他、雑多なことに触れるブログです。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ