歯磨きが苦手な子供には小まめな水分補給でケアをするとよいみたい。

公開日: : ,


photo credit: Sappymoosetree via photopin cc

なかなか歯磨きが定着しません

歯もずいぶん生え揃ってきた息子くんですが、なかなか歯磨きが定着しません。

今は膝に寝転がせて、あーんと口を開けさせて磨くのですが、すぐに口を閉じて歯ブラシをカミカミしてしまったり。

すごく嫌がっているわけじゃないんだけど、とても効果的に磨けているとはいえません。

虫歯が心配なので何か対策を、と考えていたのですが、小まめな水分補給がひとつの対策になるようです。

理由その一

対策になる理由の一つ目はシンプルで、水分補給をすることで汚れを流し、口内を清潔に保つことができること。

赤ちゃんって、すぐにお腹が空くので、一日の食事やオヤツの回数が多いと思います。

そのたびにキチンと磨ければいいけれど、それも難しい。なので、何かを食べたら必ず水分補給もセットで行うことを習慣にします。

そのときに飲ませるのは、当然ジュースなどではなく、水かお茶です。

緑茶は虫歯予防によいみたいですが、うちでは与えていません。麦茶かほうじ茶のみですが、あくまで汚れ落としと考えればそれで構わないかな、と。

理由その二

二つ目の理由は、口内のpHを保つために水分が重要とのことです。

就寝前と起床直後、過度の緊張やストレス、体内の水分が減った時や代謝が落ちた時などには唾液の分泌は減少する。唾液が少なくなり口の中が乾いているときは、虫歯や酸蝕歯にかかりやすい状態とも言えるため、積極的に唾液を分泌させるよう心がけたい。
 唾液を十分に分泌するためには、まず生活リズムを整えることが大切だ。さらにこまめな水分補給で、脱水状態を防ぐのもおすすめだ。口内の酸性化を防ぐため、食間は酸性飲料の摂取を避け、水や茶で水分補給すると良いという。 via 丈夫な歯を保つ秘訣と水分補給の意外な関係

脱水状態になると唾液の分泌が減るので、それを防ぐために水分補給が大切ということですね。

赤ちゃんって、ちょっと油断すると脱水になりがちなので、虫歯予防に限らず水分補給は小まめにするにこしたことはないですよね。

オムツ交換のときにオシッコの色を見て、濃い黄色になっていたら脱水気味かもしれません。気をつけましょう。

おわりに

息子くんの虫歯予防の話でした。

しまじろうパペットを使ったり歌ったり、遊びの要素を入れながら歯磨きの練習をしていますが、なかなか難しいです。

親がやっている姿を見せるのも効果的らしいので、これからは一緒に磨くようにしてみようかしらん。

うまくいったら、報告します( ´Д`)ノ

関連 360度歯ブラシは子どもの仕上げ磨きも楽チン

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ