二歳を過ぎて再び寝かしつけ暗黒時代突入のお話

公開日: :

1時間が標準に

ネンネがとにかく苦手だったうちの息子くん。新生児のころから寝かしつけには苦労し、ネントレ関係の記事もたくさん書いてきました。

一歳を過ぎたころには状況はよくなり、うまく眠れる平和な時代が続いたのですが、二歳を過ぎて再び暗黒時代が訪れています。

どれだけ栄華を極めた帝国も、必ず滅びるというわけです。

そんな現在の寝かしつけまでのスケジュールと、寝かしつけ対策について書きます。

標準的な夜のスケジュール

夜の部は、保育園のお迎えからスタートです。現在の標準的なタイムスケジュールは以下のとおり。

18:00 保育園よりピックアップ

18:30 夕食開始

19:00 夕食終了

19:45 お風呂、着替え、歯磨き完了

20:15 寝室へ移動

21:00 就寝

参考までに、いちばんうまくいっていたときのスケジュール。歯磨き完了までは変わらないので、そこから先だけ記載。

19:50 寝室へ移動

20:00 就寝

当時と今では、就寝の時間が1時間遅くなっています。

寝る準備が完了してから寝室に移動までの時間が長くなり、寝室に入ってからもなかなか眠りが訪れないことが原因です。

たかが1時間、されど1時間。

寝かしつけは親の体力的、精神的な疲れが大きい育児タスクなので、実際の時間以上の疲労感を感じてしまい、その後の仕事や家事のエネルギーが枯渇してしまいます。

体力が有り余っている

このように夜寝る時間が遅くなっている理由は、端的に、体力が有り余っているからだと思われます。

成長して体力がついたと同時に、保育園での昼寝が上手にできるようになり、昼寝の時間が増えています。

昔は不慣れな保育園で、30分から1時間が限度だった昼寝が、今では2時間が標準で長いときは3時間近く眠ります。

これだけ昼寝をすれば、 夜はギンギンギラギラですよ。

昼間に園庭で遊び回ればまだ体力は削られるのですが、雨などでずっと室内だった日には最悪です。

減らない体力に、外で遊べないストレスを抱え、寝かしつけは阿鼻叫喚。

寝かしつけで大事にしていること

夜はテンションを上げないようにするとか、眠るときは決まった絵本を読み聞かせてネンネのルーティンを確立するとか、テクニックはいろいろなところでたくさん書かれています。

そういうテクニック面は別にして、大事にしていることがあります。

それは、 親がイライラしないで、ゆとりを持つことです。

なんだ精神論かよ…と思わないでくださいね。これ、とっても重要なんですよ。

親がイライラしていると、そのイライラは明らかに子どもに伝染します。

イライラが伝染すると、寝つきがさらに悪くなり、親がますますイライラして、の悪循環に陥ります。

親が落ち着いて寝かしつけに当たれば、すーっと眠ることが多いです。特にうちの息子くんはアトピーなので、反応に如実に差が出ます。

親がイライラしているときは、患部を激しくかいてますます眠れなくなりますが、親が落ち着いているとほとんどかかずに静かに眠れます。

親が落ち着いて寝かしつけにあたる方法として、夫婦そろって寝かしつけというのは有効だと思います。親子一対一で対峙すると、双方逃げ場がないので、イライラしやすくなります。

夫婦でチームを組んで寝かしつければ、逃げ場ができるため、イライラが発生しにくくなります。片方の親がイライラしてきたな、と思えば、もう一方がフォローできます。子どもも親がふたりいることで、その時々の気分に応じて頼る相手を変えられ、気分転換になります。

残業が多くなかなか夫婦で寝かしつけは難しい、という場合は、寝かしつけが長期化してきたら、いったん寝室を離れてしまうのが効果的。

仮に泣いていても放置でいいと思います。子どもから離れて深呼吸。なんならコーヒーの一杯でも飲んでみる。親がリラックスすることで、突然、子どもが眠ることも。

とはいえ、いつもいつもリラックスできないんですけどね。人生いろいろ、そこまで達観はできません。

おわりに

寝かしつけに再び苦労しているお話でした。

いちど後略したはずの高い山に再び挑む登山家の気分です。二回に一回、せめて三回に一回はまったくイライラせずに寝かしつけを終えたいものですが、言うは易く行うは難し、という感じの我が家です。

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ