二歳の子供には「目的」や「理由」は不要なんだ、というお話

公開日: :

言葉の発達過程から感じたこと

息子くんが2歳半を過ぎて、べらべら流暢にしゃべるようになっています。

語彙も豊富になり、言葉の使い方も一丁前になってきて、楽しくおしゃべりできるようになりました。で、話していて気づいたのですが、これだけ様々な言葉を発していながら、まだ「なんで?」「どうして?」という言葉を使っていません。そのことから、ふと思ったことが今回の記事のテーマ。

5W1Hの使用法の発達

さて、いわゆる5W1Hと呼ばれるもの、ご存知だと思いますが念のため復習しておくと、Who(誰が) What(何を) When(いつ) Where(どこで) Why(なぜ)How(どのように)のことですね。

息子くんとの会話の中でも、このうちの4W1Hはよく出てくるようになりました。つまり、Whyを除く4W1Hということです。

好奇心旺盛なのか、ちょっとでも自分が知らないことを見聞きすると、すぐに質問攻めになります。

例えば、新しいお菓子をあげたときなど、「だれが買ったの~? どこで買ったの~? どうやって食べるの~?」という感じで畳み掛けてきます。俺が買ったに決まってるだろ!w と思いつつ「パパが買ったんだよ~、アカチャンホンポだよ~、ほらここ切って袋開けるんだよ~」なんて感じで律儀に答えます。そうするとさらに、「アカチャンホンポ~? どこのアカチャンホンポ~? 辻堂~?」と質問が続くことも。

これほどいろんなことを聞いてくるのに、「なんで?」「どうして?」はまだ来ません。ふだん僕はけっこう息子くんに「なんで?」はよく使っているんです。ご飯を残した時なんかに「なんで? お腹いっぱいなの? 他のが食べたいの?」なんて具合に。だから、その言葉を知らない、ということはありえません。

二歳児には「目的」「理由」概念が不要仮説

そこでふと思ったのが、この二歳児には「目的」や「理由」という概念が不要で、まだインストールされていないんじゃないか、という仮説です。

深く考えるまでもなく、ただ生きていく上では「目的」「理由」というのは不要なのですよね。「なんのために生きるか」「なぜ生きるのか」ということを考えずとも、生きていける。というか、そういう問題意識がないほうが、気持よく生きていけるかもしれない。それは「生きる」といった大それたものを持ちださなくても同じです。目的や理由がわからなくても、ご飯を食べたり眠ったりして、日々の営みは進められていきます。

5W1Hの中で、このWhy(なぜ)以外の4W1Hは、生きていくのにも大切な情報となります。Whyだけが、他のものとは一段、次元が違う概念なんじゃないか、と思うのです。

言葉を覚えてしばらくすると、「これはなに? これはなに?」という攻撃が始まります。おそらく「なんで? なんで?」攻撃はそれよりずっと後になってくるものです。身体の機能が、生命の維持に必要な部分から発達していくように、言葉(概念)の獲得も、生きる上で必要とされるものから順々になされていくのかなぁ、と。

おわりに

息子くんの言葉の使い方を見ていて、ふと感じたことを書いてみました。素人の妄想です。単純に息子くんの言葉の覚え方に癖があるだけかも・・・。

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ