お薬手帳を持たないことで医療費が若干節約できるらしい

公開日: : 最終更新日:2014/03/02


photo credit: epSos.de via photopin cc

4月から医療費が変わる!おくすり手帳は持つべきか、持たざるべきか?|ダイヤモンド・オンライン

おくすり手帳に情報を書き込むことで薬局が得られる報酬は、「薬剤服用管理指導料」に含まれており、現在は410円。たとえば、70歳未満の人は3割の130円を自己負担する。

4月からは、おくすり手帳を必要としない患者の薬剤服用歴管理指導料は、1回あたり340円に引き下げられる。70歳未満の人の自己負担額は110円なので、現在よりも20円安くなる。

おくすり手帳を「持つ」「持たない」の判断は、家計の節約だけではなく、自分の身体の健康を考えた上で決めるようにしたい。

赤ちゃんの場合は乳幼児医療助成制度があるのであんまり関係ないですが、大人の場合のお話ですね。

1回につき20円の差額を高いと見るか安いと見るかは人それぞれでしょうが、通院が多い人だと一ヶ月でコーヒー一杯分くらいの節約にはなるかもしれません。

お薬手帳を使うか否かにかかわらず服薬情報の管理は必要だと思いますし、個人で別途管理する手間を考えると、従来通りお薬手帳を使うほうが間違いもなくよい気がしますけれど。

うちの場合は特に家族そろってアレルギー体質なので薬の情報は重要性が高く、お薬手帳はしっかり活用しています。

そんなわけで、医療費制度が変わりますというお話でした。

今日はこのへんで。また明日もよろしくお願いします。

共感いただけたらお手数ですがポチッとしていただけると中のひとが喜びます♪ヽ(*´∀`)ノ

にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村


2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ