離乳食に便利なパルシステムの食材

公開日: :

時期別に紹介

息子くんの離乳食が始まってから、ずっとパルシステムさんにお世話になっています。

大人用の食材も安全かつ美味でオススメですが、離乳食を作る上で便利な食材もたくさんあります。

今回は時期別にオススメ商品を紹介します。

初期

初期には基本的に流動性の離乳食となるので、すべて自分で作ろうとすると、すり潰すのが大変です。

そんな初期のオススメは、「うらごしシリーズ」です。

うらごしコーン
画像出典 パルシステム

コーンのほかにも、ニンジンやジャガイモなどがあります。

特にコーンは自分でうらごしするのは面倒すぎるので、助かります。自然な甘みがあって、大人が食べても美味しい。

そのまま食べても、おかゆに混ぜてもOK。

中期

中期になると、だんだん固形物が食べられるようになります。

この時期にヘビーユーズしたのは「バランスキューブ」です。これは、パルシステムの離乳食シリーズの中でもっともメジャーなものかもしれません。

バランスキューブ
画像出典 パルシステム

キューブ状で一個ずつ取り出せるので、必要なぶんだけ使いやすい。これも様々な料理にアレンジ可能ですが、我が家は基本的に面倒くさいので解凍してそのままあげていましたw

そのままでも美味しそうに食べてくれました。一食につき、赤と緑をひとつずつあげていましたね。

中期のオススメもうひとつは、「冷凍栗かぼちゃ」です。

栗かぼちゃ
画像出典 パルシステム

これは離乳食用の食材というわけではありませんが、離乳食に使うと便利。

かぼちゃは甘みがあるので好きな子供は多いと思いますが、カットするのは大変ですよね。特に硬い皮の部分を包丁で切るのは、ママさんの腕力だとなかなか骨が折れるものではないかと想像します。

この冷凍栗かぼちゃは、カットされた状態でフリージングされていて、凍ったまま鍋で煮れば簡単にかぼちゃの煮物ができます。

出汁で煮込むだけで、美味しい煮物の完成。

息子くんの好物のひとつです。

後期

後期から完了食のステージでは、大人とほとんど変わらないメニューになると思います。

この時期のオススメひとつ目はひき肉。

ひき肉
画像出典 パルシステム

このひき肉は、バラ状で冷凍されているので、使いやすいです。

うちの息子くんは肉が苦手でなかなか食べてくれないので、ひき肉にトロミをつけて上のかぼちゃの煮物にかけたりして、ちょっとずつ食べてもらいます。

ひき肉は、どうしても肉の臭みがでがちなので、苦手な場合はしっかり湯煎するとよいです。

ふたつ目は、うちの息子くん特有ですが、米粉のパン。

米粉パン
画像出典 パルシステム

小麦のアレルギーがあるので、米粉のパンを使っています。冷凍しておいて、お出かけのときに持って行ったり、オヤツにしたり、食後に小腹が空いている感じのときにあげたり。

パンは自分で手でつかんで食べてくれるので、あげるほうも楽でいいですね。

おわりに

パルシステムの離乳食に使える食材をいくつか紹介しました。

レシピの紹介も充実しているので、ぜひ公式サイトも見てみてください。

参考 パルシステムの子育て応援!

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ