不用意な外食で初めての食物アレルギー発症。飛行機キャンセルして病院へ向かうなど、バタバタでした。

公開日: : ,


photo credit: nima; hopographer via photopin cc

気持ちが緩んでいたと反省

すでにご案内の通り、息子くんは卵、小麦、牛乳の食物アレルギーを持っています。

参考 保育園準備で食物アレルギー検査を受けたら卵、小麦、牛乳に陽性反応が…

これまで小麦は少量ずつ与えてきましたが、卵と牛乳は完全除去としていました。

今回、外食でチェックが甘く恐らく卵にヒットしてしまった模様。

一部始終を共有します。

うどんは大丈夫と安心していた

今回息子くんが食べたのは、鍋焼きうどんのようなものです。

これまで小麦に関しては少量ずつ与えて様子を見ていて、まあ問題ないだろうということで、外食の際にうどんを取り分けてあげました。

参考 食物アレルギー陽性反応が出た小麦を離乳食で与えた結果、少量なら大丈夫そうだった件

その時は気づかなかったのですが、そのうどんに生卵が落とされていたようです。他の具材に隠れていて存在に気づきませんでした。

今回はこの卵が犯人だと思われます。

発症の様子

異変には空港で気付きました。

食事を終えて約30分、空港のショップでお土産を買い求めているときのこと。

最初は、普段よりよくかゆがるなー、という感じで、アレルギー反応だとは気づきませんでした。

しかしその後、症状が悪化。

顔色がほとんと土のような色になり、身体が赤くなりました。特にアトピーでかゆがるところは赤みがひどく、肌もボコボコにはれました。

そして発熱。事後的に体温を測っても、さほど高くありません。表皮の部分だけが高い熱を持っていたようです。

飛行機をキャンセルして病院へ

アレルギー反応が出たのは飛行機へ搭乗する直前。

症状がさらに悪化して呼吸困難などが生じると危険なので、病院へ行くことに。

病院では血液検査と投薬。

検査結果が出るのは一週間後で、結果は郵送してくれるとのこと。

投薬されたのはステロイドと抗アレルギー薬。ステロイドに関しては、ずっと脱ステロイドでアトピー治療を行ってきたので、今回の投薬が及ぼす影響が非常に気がかりでした。

とはいえ、命にかかわる問題のため、処方通りにステロイドを投薬。

投薬後、三十分程度で身体の赤みが引き始め、二時間程度でほぼ元通りになりました。

親の慢心は絶対にダメ

今回の原因は、親の不注意で息子くんに卵を食べさせてしまったこと。

このところ、離乳食も進み、大人と同じ食材を食べる機会が増えていました。

これまで特にトラブルもなく大人の食事をシェアしたりしてきたので、慢心していました。

特に卵は見た目でわからないケースも多いことから、不用意な外食のシェアは絶対に避けるべきと改めて感じました。

おわりに

今回はこの程度で済んでホントにホッとしました。

食物アレルギーは最悪の場合、死に至るケースもあるため、軽く見てはいけないものです。

頭では理解しているのに、行動は軽率でした。

深く反省して、今後同じようなことが起きないように注意します(ノw`*)

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ