息子のアトピー悪化のため食生活改善中です。

公開日: :

野菜中心にシフト

最近、アトピー関連の記事がぜんぜんないのはすっかり完治したから、ではなく、ずっと小康状態がつづいていて、特に書くべきことがなかったからです。

が、ここにきて急に状態が悪化のしてしまったので、今は食事の見直しを中心に改善を図っています。

そのお話。

両脚、両腕が悪化

肌の状態も落ち着き、包帯も外し、時々ストレスを感じたときだけかいてしまう、という状態がずっとつづいていました。

特に懸念していた、冬の乾燥シーズンも悪化することなく乗り切ったので、このまま快方に向かうのかなと期待していたのですが、げんじつはなかなか甘くないですね。

梅雨の前になり、突如として状態が悪くなりました。

具体的には、両腕と両脚の太ももから膝にかけて。

オムツ替えで肌が露出するだけでもかいてしまうし、夜の寝かしつけや、夜中に目覚めたときなどのかき具合が半端ないです。

引っかき傷が治る前にかいてしまうので、いつまでたっても傷が残っている状態。

夜中も目覚めてかきはじめると一時間以上眠れないので、親もしんどくなっていました。

食生活の改善

そこで食生活の改善を図っています。というのも、このところ食事の内容が大人に近くなり、タンパク質が増えたぶん、野菜が減少気味になっていました。

その結果、ウンチも便秘気味になり、ウンチの質もちょっと悪くなっているなと思っていたのです。

食物アレルギーを徐々に克服し、バリエーションが増えるのは喜ばしい一方で、息子くんの胃腸には負担がかかっていたのかもしれません。

胃腸の調子とアトピーの肌の状態はけっこうリンクするようで、まずは胃腸から整える作戦に出たわけです。

具体的な改善内容

具体的には野菜中心のメニューを心がけるとともに、ヒジキを積極的に摂取するようにしました。

海藻類のミネラルがアトピー治療に効果的とすすめる皮膚科医も多いようです。

以前は、毎日のようにヒジキ入りの野菜スープを飲んでしたのですが、最近は味の好みが変わってあまり食べていませんでした。

そこで、他の調理の仕方を工夫して、息子くんの好きな食材といっしょにヒジキを食べさせるようにしました。

また、ミルクを飲んでいたときに与えていた、腸内環境をととのえるオリゴ菌を、ヨーグルトにまぜて食べさせるようにしました。

結果

食事療法に取り組んでからまだ二週間弱なので、完璧に効果がでているとはいえません。

ただ、便秘は解消して昔のようにスムーズに排便するようになったのと、明らかにウンチの質がよくなりました。

若干汚い話で申し訳ないのですが、色と硬さ、においが全然違います。

ああ、赤ちゃんのウンチって、きれいだったなぁとそんな感想が浮かぶほどw

肝心の肌のほうは、やはりいまだにかゆがりはしますが、赤みは全体的に落ち着き、ひっかく頻度も下がっています。

これによって、かく→傷ができる→傷がさらにかゆくてかく、の無限ループから抜け出せるといいのですが。

おわりに

久しぶりのアトピー悪化のお話でした。

なかなか完治せず、苦しいときもありますが、気長に治療に取り組んでいきたいと思います。

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Comment

  1. たっくんママ より:

    生後6か月のあとぴっこ息子を持つママです(^^) いつもこちらのサイトからいただく適格な情報でとても助かってます~!本当にありがとうございます

    悩んだ末、うちが進めている息子へのアトピー治療はゆるふわ会計士さんの息子さんが受けられている自然治癒方法とは異なります。

    けれど、子供を想う親の気持ちは同じ、状態が悪化すれば気持ちが揺れたり、不安に思うのはどのような治療方法を選択した親でも同じですね。

    全てのあとぴっこちゃん達が完治し、痒みや痛みなく、もりもり何でも好きなお食事ができる日が来る未来を願わずにはいられません。

    大事な息子さんの成長&治療記録をブログシェアしていただきありがとうございます。勉強になるのと同時に悩んでいる親は自分だけではないんだな、と勇気もいただいてます。

    これからも楽しみにブログを拝見させていただきます♪

    • yurufuwacpa より:

      お返事遅くなりました。

      アトピーとの付き合いは本当にじっくり腰を据えていかないとな~と感じます。
      良くなったり、悪くなったりをくりかえして、ついそのたびに一喜一憂してしまいますが、長期的な観点で、どんと構えることが大事ですよね。

      症状がひどくなったときには、「なんでこんなに(子どもも親も)辛いんだろう」とネガティブな思いにとらわれることがありますが、わが子の笑顔を見ると、アトピーだろうがなんだろうが、周りの人間次第で幸せになれるんだと強く感じます。

      これからもお互い悩む場面も多いかと思いますが、子どもの成長を見守っていきましょうね^^

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ