2歳3ヶ月で初めての中耳炎

公開日: :


写真は本文と関係なく、短くしたらタラちゃんみたいになりました…

まったく気付かず…

先日、息子くんが2歳3ヶ月で初めての中耳炎にかかりました。

以前からかかりつけ医から中耳炎については聞かされていたので意識はしていたのですが、実際にはまったく気づきませんでした。

症状や顛末について書いておきます。

そもそも中耳炎とは

中耳炎とは、中耳内に炎症が起きている状態を指し、特定の病気の呼び名ではないそうです。

そもそもこのことを知りませんでした^^;

原因は以下のように説明されています。

中耳炎の原因としては、多くの場合は耳管経由での細菌感染である。そのため、耳管が生理的に短い小児に起こしやすいほか、上気道炎が多い冬に多い。via Wikipedia

子どもは起こりやすいのですね。確かに中耳炎にかかった、という話は周りからたくさん聞いていたので、これまでならなかったのがたまたまということかもしれません。

息子くんの症状

3日ほど、37℃程度の微熱がつづいていました。

元気は元気なのですが、ウンチも微妙にゆるく、機嫌も万全という感じではありませんでした。

が、その他これといった症状がなかったので、軽い夏風邪かなと思い、保育園にも通わせていました。

朝方は高めの熱が出るものの、保育園に行くと下がっているので、あまり気にはしていませんでした。

が、ある日突然、保育園からお迎えコール。38.7℃の発熱です。

ここまで急に熱が上がることを想定していなかったので、サプライズです。

その時は妻が迎えに行ったのですが、帰り道に「耳が痛い」と訴えたそうです。

そこで耳鼻科に連れて行き、中耳炎の診断されました。

炎症を抑える薬をもらい、ついでに抗生剤も与えることに。

その薬を一回与えただけで熱も下がり、耳の痛みも消えたようでした。その次の日から問題なく保育園にも通い、その後も特に問題は生じていません。

小児科だけでなく耳鼻科にもマメに通うのがいい

かかりつけ医は小児科ということが多いと思いますが、小児科以外にも耳鼻科にもマメに通うのがよいとアドバイスを受けました。

鼻水や中耳炎といった耳鼻科領域の症状も子どもには多いので、早期対応で回復が早まることもあります。

小児科をベースに、症状によって適切な専門家に頼るのが大事ですね。

おわりに

中耳炎になったお話でした。

簡単に気づきそうで、なかなか気づかないものですね。

もっと遅れていたら悪化していたかもしれないので、このタイミングで息子くんからアピールされて助かりました。

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ