脱風呂の徹底とビオチン効果でお肌ツルツルに

公開日: : 最終更新日:2014/02/10

先日、息子を皮膚科に連れて行った際に、乾燥と湿疹がひどくなっているので、先生からお風呂禁止令が出た。

繰り返し書いているけれど、我が家では息子のアトピー対策として脱保湿、脱ステロイドの方針をとっており、入浴も減らしてタモリ式入浴法を採用。

タモリ式入浴法とアトピー | ゆるふわ会計士のあかろぐ!
タモリ式入浴法についてはこちらも参照下さい。

でもでも、うちの子はお風呂が大好きなのだ。どんなに機嫌が悪くてもバスタイムはキャッキャしていて、息子とのお風呂は僕にとっても最高の癒し時間なのである。

冬場で寒いし本人も喜んでいるし、と言い訳して、お風呂の回数が増え気味になっていた。

それを先生からピシャリとノーを突きつけられ、泣く泣く?お風呂をやめることに。今はお尻だけを風呂桶につけて洗っている。

またその際に、ビタミンの一種であるビオチンを処方された。

ビオチンの効能

例えば乳幼児のアトピー性皮膚炎ですが、乳幼児はビオチンの産生や吸収がひくいので、ビオチンが不足しやすい状態にあります。ビオチンが不足すると、たんぱく質の合成や免疫機能などが低下するため、皮膚形成がそこなわれて、その結果アトピー性皮膚炎が発症するのではいわれています。現にアトピー性皮膚炎の乳児にビオチンを投与したところ、症状が改善する場合があるといった報告もでています。

世界的にビオチンが重視されている傾向の中、日本ではまだ食品添加物として認められていないため、粉ミルクの中にもビオチンが含まれていません。これが日本の乳児のアトピー性皮膚炎が多い理由なのではといった見方もでています。

朝晩2回、ミルクの前に飲んでもらっている。甘い味付けらしく、最初は違和感があったのか飲み具合が芳しくなかったが、今ではデザート感覚なのかグビグビ飲んでくれる。

この二つの効果なのか、ひどかった乾燥はずいぶん改善されて、きれいな赤ちゃん肌に!

もちろん、湿疹は残っているし、アトピー特有の関節部分の荒れはなかなかよくならないが、それでもずいぶん良くなっている印象。

春になる頃には治癒していればいいなぁ。

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@ksmb_ksrp)です。

    監査法人で7年勤務後、独立開業して6年めの公認会計士です。
    2013生まれの男の子、2016年生まれの女の子の父です。

    育児のこと、仕事のこと、その他、雑多なことに触れるブログです。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ