子どもの音楽を聴いて学んだこと

公開日: : 最終更新日:2014/02/10

子どもに聞かせている音楽をじっくり聞いて、気になることが。

There was a farmer had a dog.
And Bingo was his name o.
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
B-I-N-G-O
And Bingo was his name o.

このnameの後に出てくるoってなんだろう? と思ってググってみると、これを見つけた。

最後の「-o」は単に「B-I-N-G-O」の「-O」と韻を踏ませるために無理やりくっつけただけです。英語の歌詞は、必ず韻を踏まなければいけませんので。

BINGOの歌詞 | 英語のQ&A【OKWave】

なるほど、英語の歌は韻を踏む必要があるので、入れているのだ、と。

では他の歌詞はどうなんだろうと思ってあらためて聴いてみると…

Row, row, row your boat,
Gently down the stream.
Merrily, merrily, merrily, merrily,
Life is but a dream.

stremとdreamで韻を踏んでる!

Five Little monkeys jumping on a bed
One fell off and bumped his head.
Mom called the Doctor and the Doctor said
“No more monkeys jumping on a bed.” 

bedとheadとsaidで韻を踏んでる!!

ということで、ちょいと勉強になりました。

…ジョーシキでしょうか^^;

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ