息子の血液型が判明。赤ちゃんの血液型はいつ調べる?費用は?

公開日: :

血液検査のついでに

先日、息子くんの血液型を調べ、B型であることが判明しました。

妻は、「えぇーっ、B型の長男なんて超面倒臭い!」と B型で長男の僕を全力で否定したわけですが、まあそれはともかくとして、サプライズな血液型ではなく、ちょっとホッとしていますw

昔は生まれてすぐに血液型も検査してすぐに血液型を告げられていたようですが、今はやらないのが一般的。

ではいつ、どうやって赤ちゃんの血液型を調べるのがよいのか?

簡単にまとめます。

いつやる?

長い話を短くすると、生まれたての頃は正確に検査結果が出ないので、一歳を過ぎてから、できれば四歳以降が確実とされています。

長い説明はこちら参照。

ABO血液型の判定には赤血球上のAおよびB抗原の存在を確認するオモテ試験と血清中の抗Aおよび抗Bの有無を確認するウラ試験を行い、双方の成績が一致して初めて判定されます。

赤血球側の反応は、赤血球膜上のA抗原、B抗原の強さに関係しています。 新生児では成人の1/3程度で、2~4歳になって成人並みになるといわれています。

一方、血清側の反応は血清中の抗A抗体と抗B抗体の量に関係しています。抗体を産生し始めるのは生後3~6ヵ月からで生後1年でほぼ全ての児に抗体が産生されるといわれています。新生児はふつう抗体が検出されず、母親由来の抗体が反応していて、ウラ試験が正しく行えません。

また、1歳未満の乳幼児のABO血液型検査において、オモテ試験とウラ試験の一致率は約50%といわれています。

そこで、新生児や1歳未満の乳幼児におけるABO血液型の検査結果は、オモテ試験の結果のみの条件付き報告がなされます。via CRCグループ よくある検査のご質問

息子くんの場合は四歳には全然届きませんが、二歳に近づいてる年齢なので、まあ大丈夫だろうという感じで検査をすることにしました。

どうやって? 費用は?

血液型を調べるので、当然に血液検査をします。採血検査ですね。

かかりつけの小児科に行って血液型を知りたいと言えば、対応してもらえます。

上記の理由で、一歳未満の場合は確定できないと断られる場合が多いようなので、一歳を過ぎてからがいいでしょう。

血液型だけを調べてもらう場合は完全に自費診療になるので、数千円の費用がかかるものと思われます。乳児医療費の助成の対象の家庭でも、この自費診療は助成の対象外なので留意。

オススメは、何か別の検査のついでに血液型もお願いすることです。うちの息子くんの場合は、食物アレルギーの検査の項目に、血液型も足してもらいました。

この方法であれば、差額数百円で検査が可能です。本来の検査の部分は、乳児医療費の助成の対象になるので、該当家庭の方はなおさらお得。

調べないデメリットは?

血液型を調べないことのデメリットは、基本的にないようです。ときどき輸血を心配する声も聞きますが、輸血は本人の自己申告に基づいて輸血する血液型を決めるわけではなく、その場その場できちんと調べるため、関係ないようです。

デメリットとしてパッと思いつくのは、血液型占いトークに入れないことくらいでしょうかw

僕は血液型占いとか血液型性格診断みたいなものをぜんぜん信じていないのですが、それはそれとして、血液型トークって謎に盛り上がりますよね。

この本、すごく流行しませんでした?(世代がバレるなw)

うちも特に深い意味があって調べたわけではないのですが、まあなんとなく血液型くらい調べておくか、というスタンスでした。

おわりに

赤ちゃんの血液型の調べる時期と方法、費用について簡単にまとめてみました。

これから調べようかなというご家庭の参考になれば幸いです。

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ