辻堂海浜公園にお出かけ。一歳半でも楽しめた広い芝生と、交通系のアトラクション。

公開日: :

神奈川の公園50選

神奈川の湘南エリア、辻堂の海岸沿いにある辻堂海浜公園に出かけました。

参考 辻堂海浜公園ウェブサイト

とても広い公園ですべてを堪能することはできなかったのですが、一歳半の息子くんでも楽しめたところを紹介します。

アクセス

公共交通機関を使う場合は、JR辻堂駅からバスで10分ほど。

●JR辻堂駅南口から高砂経由辻堂西海岸行きバス
    「辻堂海浜公園入口」下車(所用時間約10分)
●JR辻堂駅南口から鵠沼車庫行きバス
    「辻堂海浜公園前」下車(所用時間約10分)

駐車場も約500台停められるので、車でも。

公園の施設など

公園の全体像はこのようになっています。

マップ
出典 辻堂海浜公園

特に人気なのがジャンポールですが、訪れたのが秋だったので、クローズ。夏はとても賑わうようです。

今回息子くんと遊んだのは芝生広場と交通公園です。

芝生広場

芝生広場はなだらかな芝生が広がっていて、たくさんの家族で賑わっていました。

ただ駆け回っている子供や、サッカー、キャッチボールをしている親子。海沿いで風があるので、カイトを上げている家族も目立ちました。

お弁当

ランチは妻が作ったお弁当。息子くん、唐揚げデビューだったのですが、味わうだけ味わって、最後はぺっと出しちゃいます。鶏肉の繊維が飲み込めなかったのか( ´Д`)ノ

ドングリ拾い

ドングリがたくさん落ちていて、拾い集めるのに夢中でした。

隣接している、交通公園も息子くんは大興奮。

主に子供たちを対象として、自転車の安全な乗り方や、交通ルールを楽しみながら身につけることを目指しています。小学生用の一人乗りゴーカートや親子で乗れるファミリー自転車なども利用することができます。
また、自転車練習コースが設置されており、お子様の補助なしの練習にもご利用になれます。
宇宙をイメージした遊具や、引退して第二の人生を過ごしている小田急の電車などもあり、近所の子供たちの人気スポットになっています。

アンパンマンの乗り物。一回百円です。アンパンマンのほか、トーマスやパトカーなどあって、小さい子供で賑わっていました。

これはスカイサイクルといって、空中のレールを自転車のように漕いで走ります。一周約390m。大人210円、子供100円。

ディズニーのアトラクションかってくらい並んでいました。息子くんは待つのに飽きて暴れて、なかなかしんどかった。

子供含めて2人までが定員なので、僕はひとりで乗りましたよ。ちょっと恥ずかしかった( ´Д`)ノ

ファミリー自転車。3人乗りと4人乗りがあります。園内のコースを走るのですが、中には信号や横断歩道があったりと、実際の道路を模しています。

自動車免許の教習所をイメージすればわかりやすいかと。

小田急線の退役した電車です。中に入ることもできます。電車好きの息子くんはやはり喜んでいました。

オムツ替えや授乳室

バリアフリーを目指した公園だけに、赤ちゃんにも優しい設計になっています。園内には多目的トイレがいくつか用意されていて、オムツ交換台もあります。

また、男性用トイレにもちゃんとオムツ交換台が設置されているところがポイント大。

授乳室は交通展示館という施設の中にあります。原則入館料(大人310円)なのですが、授乳室利用だけの場合は無料です。

優しい!

おわりに

他にもまだまだ楽しめる広い公園ですが、今回は芝生広場と交通公園に絞って遊んできました。

家族連れで一日楽しめる公園だと思います。

オススメルートとしては、まず辻堂テラスモールでベビグッズのショッピングを楽しんでから公園に向かい、江ノ島まで散歩するルートです。

江ノ島まではかなり遠くて一時間ほど歩くのですが、湘南の海岸沿いをサーファーを眺めながら歩くと、ゆったりとした気分になれます。

東京の方も、ぷち旅行気分が味わえるので、ぜひ訪れてみて下さい。

Posted from するぷろ for iOS. by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ