赤ちゃんの3Dモデルを作るサービスだって

公開日: : 最終更新日:2014/02/10

最近なにかと話題の3Dプリンターだが、これでお腹の赤ちゃんを再現するサービスがあるとのこと。

【衝撃フィギュア】おなかの赤ちゃんを3Dプリンタで再現してくれるサービスが話題 / サイズ大は6万円 | ロケットニュース24

まず超音波で胎児の状態をスキャン。それから、3Dプリンタの技術を使って、胎児の各パーツや姿勢、皮膚感などを正確に再現するという

22〜23週の平均サイズである20cm (6万円)のほか、ハーフサイズの10cm (4万円)、ミニサイズの5cm (2万円)というサイズバリエーションに加え、皮膚の色もライト、ミディアム、ダークの3種類を展開。胎児の姿勢も2パターンからチョイス可能だ。

なるほど。

これはちょっと悪趣味な気がするが、僕は妻の妊娠中、エコー写真を見るのはけっこう楽しみだった。4Dエコーだと、お腹の中に赤ちゃんがいるんだという実感もわきやすい。

そこでエコー写真を気軽に撮れるサービスがあったらどうだろうか?

例えば主要駅の近くで、プリクラを撮るような感じでエコー写真が撮れるようになれば、意外とニーズがあるんじゃないだろうか。一回ワンコインくらいなら毎週撮っても経済的な負担も少ないし、いい記念になる。

この意見に賛同してくれる人が多かったらそれで起業しちゃおうかな。。笑

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ