保育園2年目の病欠は10日以内。2年目は強くなるはホントだった。

公開日: : ,


保育園の発表会

順調な2年目

保育園の暦は四月からなので、若干時期尚早な記事ですが、年末ということもあり、保育園2年目の病欠まとめです。

まともに通えなかった1年目

保育園の1年目は、今から思い返しても悲惨な通園状況でした。

すぐに熱が出て一週間休み、やっと復活して登園すると、また数日して発熱。いちばん厳しい時は、月に5日ほどしか通えませんでした。

通常の風邪の発熱だけではなく、RSやアデノウィルスなど、よくもまあこれだけ罹患するものだと驚くほどの感染症のオンパレード。

この頃はまだ夫婦ともに組織に所属していたので、どっちが仕事を休んで子供をケアするかで、いつも揉めていました。

子供が体調崩すたびに夫婦仲も険悪になり、そのイライラが子供に向かってしまったりと、我が家の歴史の中でも、もっとも雰囲気が悪かった時期です。

この、子供が保育園に通えない、というのが、夫婦で組織を離れて独立開業に踏み切った理由のひとつでした。

嘘のように休まなくなる

2年目もちゃんと通えなかったらどうしよう…と不安はあったのですが、嘘のように休まなくなりました。

保育園で風邪が流行ってます、○○ウィルスが流行ってます、というような注意が出されても、我関せずといった様子で元気に通ってくれました。

平均すると月に一日休むか休まないか、というくらいです。

また、以前はいちど熱が出たらなんだかんだと一週間は休まないと元気にならなかったのですが、2年目になると、長くても三日、たいていは一日だけでもOKになりました。

そして何より、今年は保育園からのお迎えコールはいちどもありません。電話が鳴るたびにビクビクしていたのが懐かしいくらいです。

こんな風に休まなくなるなら、仕事を辞める必要なかったね、と思わないでもないですが、今の生活を始めるにあたっての背中を押してもらったと前向きにとらえるようにしています。

1年目は辛くても我慢、きっと状況は変わる

とにかく保育園の1年目はたいへんだ、2年目になると楽になると、先輩パパママからは聞いていました。

2年目を終えようとする今、ホントにその通りだったなあとシミジミ思います。

体調管理だけではなく、保育園生活に慣れて保育士さんやお友達との関係ができていくなか、2年目の保育園生活は劇的に楽になりました。

1年目で仕事との両立に悩んでいる方は、来年は楽になると言い聞かせて、なんとか乗り切って下さい。

我が家の場合は我慢し切れず、夫婦でフリーランスという道を選びましたが、仕事を辞めなくて済むなら辞めないに越したことはないです。

世の中の一部にはフリーランス礼賛的な風潮もありますが、子供が小さなうちは無駄にリスクをとる必要もないですからね。

おわりに

保育園を休まなくなった、というお話でした。

休まなくなるだけでなく、保育園2年目は子供の成長にも大きな影響を与えた年でした。

自宅で親だけで育てていたらこんなふうに成長しなかっただろうなと思うと、保育園に感謝です。

Posted by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ