二歳半を過ぎたので知育っぽいことを始めました。まずは数字から。

公開日: : ,

遊びの延長ですが

あっという間の二歳半です。

これまではいわゆる知育には無頓着に育ててきた、というか、日々をなんとか過ごすだけで精一杯で、知育をする余裕などありませんでした。

息子くんもだいぶ成長してきたこともあり、また、独立して夫婦の時間的精神的ゆとりも出てきたこともあり、知育っぽいことを始めてみました。

あくまで、「っぽいこと」で、体系的に知育とはなんぞや?と勉強したわけではないので、悪しからず。

知育は「読み書き」ではない

知育に決まった定義があるわけではないですが(もしご存知の方は教えてください)、読んで字のごとく知的側面を育てることですね。

ここで注意すべきは、ここでいう知的という言葉は、抽象的・汎用的な意味で使われていることです。

ひらがな等の読み書きや、足し算引き算のような、個別具体的な能力(というよりも技術ですね)の習得ではなく、それらの基礎となる好奇心、空間認識能力、推論能力などを育てることですね。

と、小難しげなことを書いてみたものの、どうしていいかよくわからん。。

というわけで、とりあえず知育玩具を購入。

木製の数字トレイン

今回購入したのは、One-to-ten トレインという木製の列車です。

ひとつひとつの車両をバラして、紐通しで遊べるのに加えて、車両ごとに数字とサイコロの目が書かれていて数の勉強にもなります。

息子くんは電車大好きなので、トレイン型は入りやすいだろうなということと、だいぶ数を数えられるようになってきたので、ここらへんで数理的な能力を鍛えておくのもよかろうと思ったから。

最初に書いたように、足し算引き算のようなことを教えたいわけではなく、数字の概念や大小といったところから、楽しみながら学んでいけたらいいな、と。

で、これを使って知育をガッツリしているかというとそんなこともなく、普通に列車の玩具として遊んでいます。

が、ふと気になってサイコロの目を指差して「これなに?」と聞くこともあり、そういうときは一緒に数えたりしています。

あくまで自然な遊びのなかで、できたらいいなと。

おわりに

知育っぽいことを始めたお話でした。

特定の領域に偏ることなく、好奇心の幅を広げていけたらいいなと考えています。

Posted by @kensuke0724

Followいただけると嬉しいです^^


にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ にほんブログ村
2013年4月~14年3月生 ブログランキングへ

Comment

  1. ケル より:

    こんにちは。
    遊びの中で教えられる知育玩具が
    今はいっぱいあっていいですね。

    自然にいろんなことを覚えていって
    くれる方がしっかり身につくような気が
    します。

    • yurufuwacpa より:

      こんにちは。
      勉強するぞと思うと義務感が出てきて親子とも身構えてしまいますが、楽しみながら成長にもつながっていくといいなと思っています。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 中のひと

    訪問ありがとうございます。ゆるふわ会計士(@kensuke0724)です。

    2013年4月生まれの息子のパパです。2014年1月から2014年3月末まで3ヶ月間の育児休暇を取得し、4月より職場復帰しました。復帰後も仕事と家事育児の両立を目指していきたいと考えています。

    このblogは育児を中心とした雑記です。育児に関して少しでも有益な情報を提供すると共に、これから育児休暇を取得したいと考えている男性の方を応援したいと思います。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    詳しいプロフィールはこちらをどうぞ